糖尿病代謝内科・内分泌内科・睡眠時無呼吸外来|東京睡眠代謝クリニック 新宿

メニュー

甲状腺外来

体のバランス調整に欠かせない甲状腺ホルモン。このホルモンの分泌が過剰になったり、低下したりするのが甲状腺疾患で、女性のみならず、男性にも多くみられます。

甲状腺は、のどの付け根にある内分泌器官で、甲状腺ホルモン、カルシトニンなどのホルモンを分泌しています。甲状腺ホルモンは発育や成長に欠かすことができず、また全身(脳、心臓、消化官、骨、筋肉、皮膚など)の新陳代謝を活発にする働きがあり、精神神経や身体の活動の調整にも働きます。
この甲状腺の異常や障害によって引き起こされる病気の総称が甲状腺疾患です。甲状腺疾患には、甲状腺機能亢進症(代表的な病気:バセドウ病)、甲状腺機能低下症(代表的な病気:橋本病)、急性・慢性甲状腺炎、単純性甲状腺腫、甲状腺がんなどがあります。一般外来の受診患者では13%に甲状腺疾患がみつかっています。女性に多い病気ですが、男性にも多くみられます。
甲状腺の病気は、ホルモンの合成・分泌が過剰になる機能亢進症と、ホルモンの合成・分泌が低下する機能低下症によって症状が大きく異なります。

代表的な甲状腺疾患でみられる症状

代表的な甲状腺の病気

当院では、「予約診療」を行っております。
はじめての方でも、当日の電話で予約が可能です。

一般の診療はすべて保険適用です。

診療内容
糖尿病・甲状腺・睡眠時無呼吸症候群(SAS)・高血圧・中性脂肪/コレステロール値異常・一般内科 (各種保険適用)
お問い合わせ・予約受付
tel.03-6274-8633
診療時間 / 
午前 10:00 - 13:30 午後 15:00 - 19:00
土曜 午前 9:00 - 13:00
休診日 / 
日曜・祝日

〒160-0022 新宿区新宿 3-37-11 安与ビル3階
JR新宿駅中央東口すぐ
東京メトロ副都心線・新宿線・丸の内線
新宿3丁目駅A5出口 徒歩3分

PAGETOP